3 建築基準法でいう道路2

*3 建築基準法でいう道路2


*位置指定道路−−−役所(特定行政庁といい、大きな市はたいて
い特定行政庁です。)に位置指定道路申請をして、道路を造った後
、検査してもらって道路と認めてもらう道路。(建築基準法第42
条1項5号)
JUGEMテーマ:ビジネス


*3 建築基準法でいう道路2


*位置指定道路−−−役所(特定行政庁といい、大きな市はたいて
い特定行政庁です。)に位置指定道路申請をして、道路を造った後
、検査してもらって道路と認めてもらう道路。(建築基準法第42
条1項5号)


*2項道路(建築基準法第42条2項なので略してこう呼ぶ。みな
し道路ともいう)
建築基準法施行の際(昭和25年)に建築物が立ち並んでいて、幅
4m未満だが、こちら側と向こう側とお互いに中心後退すれば4m
の道路になるとして指定された道路。この道路は旧市街地(昔から
の村落)の中にかなり多い。

ある土地が、幅2mの2項道路に面していたとすると、その道の中
心から2m後退した線が道路境界線とみなすということですから、
土地に1m食い込んだ線が道路境界線となります。
つまり、その土地は、建物の敷地として間口 X 1m分が減るこ
とになります。所有権はあくまでも元の境界線ですが、建物の敷地
としては減ることになり、土地の値打ちとしては、減少することに
なります。

こういう2項道路に面している土地は、中心後退を考えてかからな
いとたいへんなことになります。注意しましょう。2項道路かどう
かは市町村役場の建築指導課か都市計画課へ行けばわかります。


*道路の種類があと若干ありますが、主なものとしては以上です。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目次(categories)

selected entries

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM