*使用貸借について

使用貸借とは、当事者の一方が、無償で使用及び収益をした後、返
還をすることを約束して、相手方からある物を受け取ることによっ
て、その効力を生じます。(民法593)
・借用物の返還の時期(民法597)

借主は、契約に定めた時期に、借用物の返還をしなければなりませ
ん。

・当事者が返還の時期を定めなかったときは、借主は、契約に定め
た目的に従い使用及び収益を終わった時に、返還をしなければなり
ません。

・使用及び収益を終わる前であっても、使用及び収益をするのに足
りる期間を経過したときは、貸主は、直ちに返還を請求することが
できます。

・当事者が返還の時期とか使用及び収益の目的を定めなかったとき
は、貸主は、いつでも返還を請求することができます。

・借主による使用及び収益(民法594)

借主は、契約またはその目的物の性質によって定まった用法に従い
、その物の使用及び収益をしなければなりません。
また借主は、貸主の承諾を得なければ、第三者に借用物の使用また
は収益をさせることができません。

借主が上記の規定に違反して使用又は収益をしたときは、
貸主は、契約の解除をすることができます。


・借主の死亡による使用貸借の終了(民法599)

使用貸借は、借主の死亡によって、その効力を失います。契約は終
了します。賃貸借では借主の相続人に承継されますが、使用貸借で
は、借主の相続人には継承されません。


不動産の場合は、賃貸借と違って、借地借家法の適用がありません。
ただで貸すわけですから当然です。短期間なら使用貸借で貸す方が
いいということで使用貸借がよく使われてきました。

しかし現在では、借地借家法に「定期賃貸借」という条文ができま
したので、一時貸しでも終了時確実に返還してもらえるようになり
ました。こちらの方が賃料ももらえますのでよく使われるようにな
りました。



******************************


(参考)


【民法】

    第六節 使用貸借

(使用貸借)
第五百九十三条  使用貸借は、当事者の一方が無償で使用及び収
益をした後に返還をすることを約して相手方からある物を受け取る
ことによって、その効力を生ずる。

(借主による使用及び収益)
第五百九十四条  借主は、契約又はその目的物の性質によって定
まった用法に従い、その物の使用及び収益をしなければならない。
2  借主は、貸主の承諾を得なければ、第三者に借用物の使用又
は収益をさせることができない。
3  借主が前二項の規定に違反して使用又は収益をしたときは、
貸主は、契約の解除をすることができる。

(借用物の費用の負担)
第五百九十五条  借主は、借用物の通常の必要費を負担する。
2  第五百八十三条第二項の規定は、前項の通常の必要費以外の
費用について準用する。

(貸主の担保責任)
第五百九十六条  第五百五十一条の規定は、使用貸借について準
用する。

(借用物の返還の時期)
第五百九十七条  借主は、契約に定めた時期に、借用物の返還を
しなければならない。
2  当事者が返還の時期を定めなかったときは、借主は、契約に
定めた目的に従い使用及び収益を終わった時に、返還をしなければ
ならない。ただし、その使用及び収益を終わる前であっても、使用
及び収益をするのに足りる期間を経過したときは、貸主は、直ちに
返還を請求することができる。
3  当事者が返還の時期並びに使用及び収益の目的を定めなかっ
たときは、貸主は、いつでも返還を請求することができる。

(借主による収去)
第五百九十八条  借主は、借用物を原状に復して、これに附属さ
せた物を収去することができる。

(借主の死亡による使用貸借の終了)
第五百九十九条  使用貸借は、借主の死亡によって、その効力を
失う。

(損害賠償及び費用の償還の請求権についての期間の制限)
第六百条  契約の本旨に反する使用又は収益によって生じた損害
の賠償及び借主が支出した費用の償還は、貸主が返還を受けた時か
ら一年以内に請求しなければならない。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目次(categories)

selected entries

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM