*弁済(べんさい)

*弁済(べんさい)

*弁済とは

債務者が債務の内容に従って給付をし、債権を消滅させること

をいいます。金銭の貸借の場合であれば、債務者が借りていた

お金を返済することをいいます。

例外はありますが、債務の弁済は、第三者もすることができま

す。

(民法474)
*弁済(べんさい)

*弁済とは

債務者が債務の内容に従って給付をし、債権を消滅させること

をいいます。金銭の貸借の場合であれば、債務者が借りていた

お金を返済することをいいます。

例外はありますが、債務の弁済は、第三者もすることができま

す。

(民法474)


・代物弁済

債務者が、債権者の承諾を得て、その負担した給付に代えて

他の給付をしたときは、その給付は、弁済と同一の効力を有

します。これを代物弁済といいます。例えば、お金での返済

の代わりに、この不動産で返済するというようなことをいい

ます。(民法482)


                           
・弁済の提供の効果

不動産売買で、買主が決められていた支払場所に売買代金を

持って行き、売主の受け取りを待つ状態、売主が決められて

いた取引場所である司法書士事務所に所有権移転登記の書類

を持参、買主を待つ状態、この状態を弁済の提供といい、債

務者は債務の不履行によって生じる一切の責任から免れるこ

とになります。(民法492)



・弁済の場所


弁済の場所は、特約がなければ、不動産等の特定物の引渡は、

債権発生のときに、その物が存在した場所。その他の弁済は、

債権者の現住所ということになります。(民法484)

つまり、特約がない限り、不動産の引渡はその不動産の所在

場所、家賃などは賃貸人の住所ということになります。



・弁済の費用

弁済の費用は、特約がなければ債務者の負担となります。

(民法485)

不動産の所有権移転登記の場合、登記義務者、つまり売主

が登記する

債務を負担することになりますので、不動産の所有権移転

登記の費用は売主が負担することになります。


不動産の所有権移転登記の費用は、登録免許税を含みます

ので相当な金額になります。

通常、不動産売買契約書で、不動産の所有権移転登記の費

用は買主負担となっています。しかしもし契約書に書かれ

ていなければ売主負担となります。


「弁済費用の負担」は「危険負担」とともに、通常の慣習

と民法とは大きく相違していますので注意が必要です。こ

このところ試験に出る

かも(笑)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

目次(categories)

selected entries

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM