建築基準法

*建築基準法

・建築確認申請

建物を建てようとする建築主は、建築にかかる前に、建築基準法関係の規定

に適合するかどうかの確認を受けることになります。これを「建築確認」と

いいます。

一般的にいうと建築許可申請ですね。この許可をとらずに建築すると、無許

可の建築ということで不法建築になります。


・確認を必要とする建築物にはどんなものがあるでしょう。

1.特殊建築物−−−学校、病院、映画館、共同住宅・・・公共性のあるも
の、不特定多数の人々を収容するもの、火災の危険があるもの。
延べ床面積が100平方メートルを超えるもの。

2.木造の建築物・・・3階建以上、2階建、平家建でも延べ面積が500
平方メートルを超えるもの、高さが13メートルを超えるもの、軒の高さが
9メートルを超えるもの。

3.木造以外の建築物・・・2階建以上、平家でも延べ面積が200平方メ
ートルを超えるもの。

4.一般建築物・・・都市計画区域内、準都市計画区域内、都道府県知事が
指定する区域内のもの。

---------------------------------------------------------------

3までなら、木造住宅の場合、200平方メートル以内で平家なら確認は不
要ということになります。ところが4の規定がありますので必要になります。

結局ほとんど必要であるということになります。
1から4までの細かいことは覚える必要がありません。こんなものがあるん
だという程度でいいと思います。


・確認申請しなくてもいいもの・・・防火地域、準防火地域外で、延べ床面
積が10平方メートル以内の増改築は確認申請の必要がありません。
ただし10平方メートル以内の新築はダメです。確認申請が必要になります。
    

建築基準法(建物を建てるときの法律)でいう道路(2)完

建物は、こういった道路に2メートル以上接しなければならないという規定があります。
ここで注意しなければならないことは、見たところりっぱな道路なのに道路位置指定も何も受けていない道路があります。
このような道路には建物が建てられませんので、役所に聞きにいきましょう。
また共同住宅、アパートは、道路から3メートルの専用通路、4メートルの専用通路があれば建てられるという条例(地方自治体で決める法律のこと)などがありますので、あわせて役所に聞きにいきましょう。

専用通路とは単なる通路で道路ではありません。

道路から3メートルの専用通路で長屋が建てられる地域の例で、4戸建ての長屋とした場合、各戸の間に少しだけ見せかけで一部くっつけて建て、いざ売る場合各戸の連結部分を取り払い、各戸1戸建てで売っている場合があります。(通称汽車ポッポ)この場合直接道路に面している1戸以外は建てかえはできません。

道路上、道路に突き出して建物を建てられません。これはあたりまえのことです。

建築基準法(建物を建てるときの法律)でいう道路(1)

復員4メートル(特別な場合6メートル)以上で、道路法による道路とかいろいろ規定がある。

位置指定道路・・・築造者が役所に認めてもらった道路。

昭和25年当時、役所が指定したものは4メートル未満であっても道路とみなされる。(2項道路という)この場合道路の中心線から2メートル後退したところを道路境界線とする。つまり双方が後退したら4メートルの道路となる。
これが法律どおりいっていないのが現状。建築するとき許可をもらう申請を建築確認申請という。この申請のときは図面上、後退しているんだが、実際塀などは元通りにしてしまう場合が多く、村の中の道は依然として狭い場合が多い。


容積率

建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合です。

容積率=建築物の延べ面積÷敷地面積
建築物の延べ面積=敷地面積X容積率

容積率20/10 つまり200%のところでは、敷地面積が100屬箸垢襪髪笋挂明傳横娃悪屬泙之てられるということです。

このほか前面道路幅員(2以上の道路に面しているときは幅員の大きい方)による制限があり、上記容積率と比べどちらか低いほうになります。

この計算は前面道路(12m未満の場合)X10分の4(10分の6の場合もあり)=容積率となります。

前面道路4mの場合の計算例
容積率=4X4/10=16/10・・・・・160%
上記の200%に比べ160%の方が低い。・・・答えは160%になります。

こまかいことが少しありますが、大まかな場合はこういうことです。

建ぺい率

防災、日照等住環境を守るため、敷地に空地を残すよう、建てられる建物の大きさを制限しています。

建ぺい率はその地域の都市計画で定められています。

また角地は緩和する規定などがあり、その地域の市町村役場都市計画課で聞くのがいいでしょう。


建築面積の敷地面積に対する割合  

建ぺい率=建築面積÷敷地面積

建築面積  50平方メートル 
敷地面積 100平方メートル 

50÷100=0.5   50%ということになります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
http://tyu1.com/index.htm
http://hp1.tyu1.com/index.htm
http://hp2.tyu1.com/index.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

床面積、延べ面積

床面積とは壁または柱の中心線で囲まれた部分の面積です。1階床面積、2階床面積と言います。
この各階の合計を述べ面積といいます。区分建物の場合は壁の内側(内面)でこかまれた部分です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
無料ホームページテンプレート無料アフィリエートテンプレート
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

建築面積

建物の1階の面積のことです。ただし2階が1階よりはみ出していたらどうなるでしょう。もちろんはみ出している部分も含みます。建物を真上から見て一番外側の線で求めた面積です。(ひさしは柱がありません。この場合は少し違う解釈になります。そんな細かいことはどうでもいいんです。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
めちゃやさしい不動産の基礎知識
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



| 1/1PAGES |

目次(categories)

selected entries

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM